2014
03/20

COMMENTS:
No Comments »

フランチャイズ契約のトラブル

ビジネスの分野では、フランチャイズ形式のビジネスが広く行われています。
飲食店などでは特に、フランチャイズ型のビジネスが広く全国に展開されています。
フランチャイズ形式のビジネスが行われるようになったことで、社会に広く高度なサービスが提供されるようになりました。
都市部や地方でも公平に便利なサービスが受けられるのは、大変素晴らしいサービスです。
また、フランチャイズは事業者にとって大きなビジネスチャンスをもたらしてくれるものでもあります。
ビジネスには失敗がつきものです。
そのリスクをできるだけ軽減できるのもフランチャイズの魅力でしょう。
そのため、ビジネスで成功を目指して、フランチャイズの仕事に携わる人が増えています。
しかし、必ずしも本部と加盟者との関係がうまくいくとは限りません。
本部に支払うロイヤリティについて折り合いがつかなかったり、解釈の違いが互いの不信感を呼び起こすことも有り得ます。
また、フランチャイズ契約を解消して脱退する場合にも、本部と加盟者とのトラブルに発展することがあります。
フランチャイズに関わるトラブルに対して、クライアントからの依頼を受けて仲裁役をかってでる弁護士の役割が重要です。
弁護士は、フランチャイズ契約に関わる問題について、事実関係を整理し原因を明らかにする作業を行います。
フランチャイズ契約やその後の対応に問題がないかどうかを精査した上で、互いに納得がいく落とし所を探ります。
もし互いに同意が得られず解決できなかった場合には、訴訟に発展することもあります。
クライアントが裁判で有利に主張を通す事が出来るよう、弁護士の助力が必要になってくるでしょう。
フランチャイズのビジネス形態が世の中で広く採用されるようになった今、フランチャイズ契約にまつわる各種の法的問題に対して、解決へと導く弁護士の存在は重要です。
適切にフランチャイズの本部と加盟者との関係を修復することができれば、その恩恵は一般の消費者に対してももたらされます。